メニュー

いまさらだけど黒毛和牛の値段が上がってる話 その1

2月 18, 2017 - 牛の話
いまさらだけど黒毛和牛の値段が上がってる話 その1

ここ数年ホントに牛の値段が上がってます。もうどうしようもないくらいです。仕入れ担当の工場長も頭悩ませながらやってるみたいですが、想像を超える値上がりに辟易です。
そんな状況なので、うちもやむなくこの3月に一部商品の値上げをするんですがお客さまに納得いただけるか正直心配です。
私が考えるに世の中の商品の値段って基本的に需要と供給+価値で成り立つと思っています。で、今の市場の状況はと言いますと圧倒的に供給の数が少ないです。いや、単純に頭数が少ないだけじゃなく肥育農家さんも色々大変なんですが。

あ、これを読んでる皆さんにちゃんと伝わるように説明していきますね。そもそも食肉用の牛を育てる畜産農家さんには3つのパターンがあります。①繁殖農家:素牛から子牛を生ませて市場に出す農家、②肥育農家:子牛を買い付け、約2年かけて育てて肉牛に育て上げる農家、③一貫農家:繁殖から肥育まで一貫して自分のところで行う農家。基本的には繁殖農家と肥育農家は別のことが多いです。

で、いま黒毛和牛の値段が上がってる原因の一番大きいところが子牛の値段が上がってることなのです。そのあたりの話はその2でお話いたしますね。